カーテン機能のご紹介

価格表やカーテン見本に付いている機能表示マークの説明です。

ホームへ戻る

業界団体で使用する表示マーク

防炎
(社)日本インテリアファブリクス協会(NIF)が定めた基準を難燃(燃えにくい)性能を示す商品です。
またこれとは別に消防法の規制を受ける建物等には防炎性能のあるカーテンを使用し
カーテン一枚ごとに「防炎ラベル」を付けなければいけません。
防炎性能により(イ)から(ホ)その他があります

遮光
織組織や糸などにより遮光性能を持たせたもの。
遮光性能は日本インテリアファブリクス協会の定めた3ツの等級に分類されています。
*注意 遮光率は生地そのもののデータです通常カーテンと窓のすきまがあると光が洩れてお部屋は
あかるくなります。
取付方で真っ暗にする方法はありますが、意外と大変です。ご相談下さい。
  • 一級遮光 遮光率99.99%以上人の表情が識別できないレベル。
  • 二級遮光 遮光率99.8%以上99.99%未満 人の顔、あるいは表情がわかるレベル。
  • 三級遮光 遮光率99.4%以上99.8%未満 人の表情は分かるが、事務作業には暗いレベル。

ウォッシャブル
  1. 洗濯機で洗えます。ウォッシャブルですからご家庭で手軽に洗えます。
  2. 収縮がほとんどありません。 寸法変化率(JIS 0217 103法)をタテ±1%以内ヨコ2%以内に抑えています。
  3. シワになりにくい。  シワを付きにくくしています。
  4. 早く乾きます。    水分を含みにくくしていますから、早く乾きます。
洗濯に際してのご注意
  • 家庭用洗濯機で洗濯の際は、吊り下げ用金具やアクセサリー等ははずして下さい。
  • トリム、裏地、ウエイト等を縫い付けた場合は、付属品の洗濯条件に十分注意してください。
  • 洗濯ネットのご使用をお薦めいたします。
  • 脱水は短時間(20〜30秒)でかけてください。
  • 乾燥機は使用しないでください。
  • カーテンの組成がレーヨン及び綿の場合は、カーテンレールに吊って乾かさないで下さい
  • 洗濯時に吸収した水分で重量が著しく増加し、カーテンレールが落下する原因になります。

<VOCホルムアルデヒド
自主基準
「インテリアファブリックス性能評価協議会」での自主基準です。
室内におけるホルムアルデヒドの放散速度による等級区分の表記記号です。
 F☆☆☆☆ とF☆☆☆ F☆☆ で表し数の多いほうが放散速度が少ない事をあらわすます。
メーカー等で使用する独自の表示マーク
(各メーカーによりことなります。ここでは業界で信頼の高い「川島織物セルコン」を例に取ります。

セリスト加工
消臭、抗菌、分解機能を持つ
光触媒技術を応用した
セリスト加工を施した商品です。

高耐光
日光に対する染色の耐久性を
高めた日焼けしにくい商品に
表示してます。日差しの強いお
部屋にお勧めします。


グリーン購入法適応品
グリーン購入法の基準に適応する
、商品に表示しています。

エコペット
帝人ファイバー鰍フ
ペットボトルリサイクル繊維
「エコペット」を25%以上(重量比)
使用している商品に
表示しています。

UVカット
薄地カーテンを対象に紫外線をカットする程度を、
カット率高い順にランクAから
ランクCの3段階に分類しています

オフシェイド
薄地カーテンを対象に日中の
屋外からの見え方のめやすを.、
見えにくい順にクラス1から
クラス4の4段階に分類しています。

ミラーレース
裏面にブライト糸を編みこみ、
ハーフミラー効果で部屋の中が
見えにくくなります
。また一般的なレースカーテンよりも
赤外線の反射率が高いため
遮熱に対して効果があります。

防汚
薄地カーテンのなかで
SR(ソイルリリース)加工を施し、
汚れをおちやすくしている商品に
表示しています。

ソフトウエーブ加工
生地本来の反発力などによる
型くずれや裾の広がりを抑えた
ドレープ性の向上を、
お求め易い価格で提供する、
プリーツ加工です。

デザインフィットウエーブ
カーテンのヒダ山の位置と生地の
柄位置を近付けることによって、
カーテンの仕上がりがより
美しくなるように縫製している
商品です。

ソフトライニングシステム
専用生地との熱圧着技術及び
超音波による裁断・融着技術を利用し、
よりスムースな昇降を可能にする、
シェードやロールスクリーン用の
加工システムに対応可能な商品です。
ワンポイントアドバイス

生地の性能も技術的に日々向上しています。今までは考えられないような技術で機能付き商品が発売されて
、ビックリさせられることがあります。
ただ、発売当初は評判になりながら、いつかマーケットから、姿を消す商品も多くあります。
なかには機能を向上するために、他の良い機能を犠牲にして開発されている商品もたまには見受けられます。
例えばミラーカーテンですが一時は爆発的にご要望がありましたが、最近は小休止です。
それはブライト糸(糸に多角形の角をつけた糸や水あめを伸ばすと白く光る原理と同じく
伸ばしたポリエステル糸を使うため編み上げると硬くなりキレイなウエーブだ出にくくまた光を乱反射させて
室内を見えにくくしている為日中でも室内が暗く圧迫感を感じる等、マイナス面もあります。
お客様が本当に必要な機能かどうか良く検討をしたいものです。
 勿論ソフトウエーブならばお客様と一緒にかんがえます。

ホームへ戻る